近況

0

 
 気が付けば2014年もあと僅か、あっという間ですね。今年は(今年も?)楽しいこともあればしんどいこともあり、なかなかタフな一年でした。 
 
 
◆仕事の話
 昨年の11月に今の職場へ移ったんですが、残業時間が倍化しました。割り込みのタスクは毎日舞い込み、杜撰な管理の資料の海でもがき、スケジュールは何もかも予定通りに行かず、エンジニアリングの本質とは彼岸に位置するところで業務に忙殺されかけている毎日です。
 アカデミックさの欠片も無いのでいい加減フラストレーションが溜まっているのですが、もう半年は逃れられそうも無いのが気が重いところ。ネゴはしているんですが、現状に改善の兆しが見られないようならいよいよもって転職を真剣に検討すべきかなと……。ただまあ、サラリーはしっかり貰っているということもあり、転職による収入減が不安で重い腰がなかなか上がらず……独り立ちできる才覚と自信を持っていないのが痛いですね。2015年はこの辺りを特に意識して仕事していかねばと思います。
 
 
◆趣味その1・絵の話
 実は商業誌にイラストを1枚描き下ろしてました。絵を描くようになってから早7年半ですが、初の商業誌掲載です。掲載面積は小さいですが一歩は一歩です。拙作ですが興味がありましたら書店で確認してみていただけたら幸いです。
 なんかこれでようやく自身のコンプレックスから解放されたかなと思います(カネがとれる絵描きととれない絵描きの間には越えられない大きな壁があって、自分はカネがとれない絵描き側の人間なんだという卑屈なマインドからはいつまでたっても抜け出せそうもありません)。
 
 続いてコミケの話。今年は夏コミ、冬コミ両方とも新作をつくってのサークル参加となりました(冬コミはこれからですが)。やはりコミケという強制力があるとある程度はアウトプットが出せますね。サークル参加していなければ今年はもっと寡作だったと思います。
 ただまあ……悩ましいところは、品質を落とさないために新しいことをしなくなるという事ですね。描いたことの無いテーマやモチーフ、アングル、構図、ブラシタッチ、色彩設計、等々、こういったものへの挑戦は頒布物制作のためのリソース管理の前では真っ先にリジェクトとなってしまいます。
 僕の絵描き趣味におけるモチベーションの根幹は『頭の中をうまくアウトプットできること』ひいては『上手に描けること』で『上達を実感すること』これに尽きるので、一定品質を保つために同じアプローチで絵を生産していくという行為はどうも新しいエクスペリエンスが得られていると思えなくて、やる気の維持が難しいです。……と、いうか、最近はますます絵描き行為に対する熱意や集中力が落ちている自覚があります。若いころのように余計なことを考えずに好きに描けてた頃が恋しく思います……。
 
 
◆趣味その2・DのJの話
 こっちはまあホントたまに好きでやってるってだけなので好きにやっています。絵描き趣味は休日にずっと自宅に引き篭もって作業、作業、作業なので、気が滅入りかけているときにクラブイベントで享楽を貪るといった発散は理想的ですね。とはいえ、コミケ制作作業で追い込みかけてる時期こそクラブに遊びに行ってる心の余裕なんて無いんですが……。
 最近では、12/20に名古屋栄にて、レギュラーDJとして出演しているイベントが開催されました。パーティフォトもあります。(撮影者は私なので私の写真は殆どありません)なかなかホットなイベントになりつつあるので、興味を持たれた方は次回開催を心待ちにしていただけましたら嬉しいです。
 
https://www.flickr.com/photos/55lammy/sets/72157649846756632/


 
 
あと久しぶりにSoundcloudにDJmixをアップロードしました。お暇ありましたらチェックしてみてください。

 
 
◆趣味その3・その他
 今年は何箇所か旅行してきました。5月に金沢、同じく5月に札幌、6月に京都、7月に大阪、あと…東京は何回か行っているので割愛。やはり京都、大阪あたりは行って楽しいので好きです。8年振りに北海道に行けたのも良かったですね(というか大阪も北海道もメガネゴールドのおかげなのですが)。北海道はもっと4泊5日くらいのそれなりの期間を確保して、のんびりドライブをしてみたいなと思ってます。来年何とかそういった期間は確保したいですねえ。
 あとは海外旅行、いい加減英語コンプレックスを克服しようと思います……というかエンジニアとして英語が不得手なのは正直かなり恥ずかしいのでホントにここは自身の重要課題です……。
 
 映画の話。今年も良い映画を観に行けたなと思います。
 アイマスの映画は無難に良かったです。よんじょうきおとくんは生牡蠣食ってる印象しかありません。
 RUSH-プライドと友情-は開始5分でベッドシーンが始まって、あれ、観る映画間違えたかなと不安になりましたが、しっかりしたヒューマンドラマしててなかなか良かったです。
 アナと雪の女王は神田沙也加がめちゃくちゃ歌がうまくて僕はそこをいつまでも推して行く所存です。
 思い出のマーニーはスタジオジブリの残滓って感じで、ああ、ひとつの時代が終わるんだな、と思う出来でした。
 Interstellarは2014年マイベストです。絶対青い円盤は買うと思います。
 楽園追放は結局観に行けずじまいでした。そのうち何らかの媒体で観ようとは思います。
 アイカツの映画は次の週末に観に行きます。
 
 

No related posts.

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>